2008年4月24日木曜日

ナポレオンの眠るアンヴァリッド






アンヴァリッドに行ってきました。ナポレオンの棺の中は6重になっていて、その中に眠っているそうです。軍事博物館は非常に広くて一日では回りきれないほどです。
一人で歩けるこどもだったら楽しめますが、歩き回って結構疲れます。cafeが中にありますが、値段は高めの設定になっているので、あらかじめおやつや飲み物を持参するのが良いと思います。
体力のあるお子さんと、荷物をもってくれる優しいお父さんがいるご家族におすすめします。
でも元気すぎるお子さんは迷子にならないようにご注意を。



オテル・デ・ザンヴァリッドl'Hôtel des Invalides, 通称アンヴァリッド: les Invalides 廃兵院もしくは癈兵院)は、パリの歴史的建造物の一つ、旧・軍病院1671年ルイ14世が傷病兵を看護する施設として計画し、リベラル・ブリュアンが設計の指揮をとり1674年に最初の傷病兵たちが入った。

建築史上有名なのは附属する礼拝堂の建築である。教会の建設は1677年に始まり、後に兵士の教会とドーム教会に分かれジュール・アルドゥアン=マンサールのもとで1706年に完成した。ドーム教会の地下墓所にはナポレオン・ボナパルトフランス皇帝ナポレオン1世)の柩が中央に置かれている。また、それを囲むようにして、ナポレオンの親族やフランスの著名な将軍の廟が置かれている。

現在も100人ほどの戦傷病兵が暮らしている。一部は軍事博物館として公開されている。

[編集] アンヴァリッドに廟が置かれている著名人

2 件のコメント:

Jonesy さんのコメント...

Such gorgeous pictures, I wish I could read the captions.

még さんのコメント...

thank you for your message.
ALL photo of this page are invalide at PARIS.Naporeon sleeping here.
please visite my blog again !

読んだらクリックお願いします!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 修士課程大学院生へにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

最近の記事